財産評価

財産評価の際、必要となってくるのが時価の考え方です。
基本通達でも触れられているのですが、時価というのはその時々の価値を示すものとなっています。
基本的に財産評価では、その時価を用いて計算することが多く、それが財産評価の基準になります。
ただ、いきなりそんなことを言われても、理解できるという方は少ないのではないでしょうか。
まず、財産評価においては、それぞれの土地や建物の価値を評価することが重要となります。

しかし、土地や建物の評価額というのは、変化を続けていくものです。
土地から人が離れて利便性を失えば、その土地の地価は減少していきます。
建物も老朽化が進めば進むほどその建物の価値も減少していくでしょう。
そこを考えて計算しないと、大変なことになります。

例えば、土地と建物を合わせて5,000万円ほどで購入したとします。
しかし、その土地から人が離れ、建物も古くなったら価値はどうなるでしょうか。
5,000万円から3,000万円や2,000万円になることもあるかもしれません。
現実はもっともっと低くなることもあります。

そんな時、相続や贈与で価値を評価しないと、5,000万円そのままに課税されてしまうことになります。
それをさけるために基本通達では評価を再度見直しすることをおこなっているのです。
事実、これによって価値が3,000万円や2,000万円となれば、課税されるものに関しても少なくなっていくでしょう。
財産評価というのは、そういう面でも重要となってきます。
だからこそ、時価をしっかりと考えて対処していくことが必要となるのです。

それらの考え方に関してはもちろん、やり方に関しても基本通達で言及されています。
相続や贈与が必要となる方は、一度基本通達にも目を向けておくことが重要となるでしょう。

ただ、忙しくてなかなかそういう時間もないということもあるかもしれません。
その場合には専門家に相談することをおすすめします。
専門家であれば、基本通達の内容は熟知していますし、その他の実務も代行してくれるでしょう。
特に相続や贈与の時の税金が気になるという場合は、節税の面で相談することもできます。
もちろん税金対策だけではなく、色々な面で相談できるので、税理士はとても便利なものだと言えるでしょう。
その他にも頼りになる専門家は多々いるので、上手に使ってみてください。
それが上手に財産評価するために必要となってくるものです。
そこだけでもちゃんとしておくと安心でしょう。

カテゴリー: 財産評価基準書