被相続人の財産に土地が含まれている時には、その土地の財産評価をする必要があって、その際に必要となるのが相続税路線価です。
この相続税路線価とは、市街地において主要道路に面した1?当たりの土地の評価額で、国税庁が毎年7月頃に発表する財産評価基準書に示されています。
毎年1月1日を評価時点として、売買実例や不動産鑑定士らの意見を考慮して最終的な価格を決めるもので、大体は地価公示価格の約8割程度が目安となります。

ただ、いくら東京と言っても全ての土地に相続税路線価が設定されているわけではなくて、相続税路線価が決まっていない土地もあります。
そのような土地の財産評価は、固定資産税評価×評価倍率といった算式で計算する倍率方式という評価方法を用いるのです。

そこで気になることは、相続税路線価や評価倍率はどのようにして調べることができるのかという点です。
これらは国税庁のホームページに掲載されている「東京都 財産評価基準書」で調べることができます。
東京都 財産評価基準書には、土地関係として路線価図をはじめとして、一般の土地等用・大規模工場用地用・ゴルフ場用地等用の評価倍率表が示されています。

また、その他土地関係として宅地造成費の金額表・鉱泉地の評価・雑種地の評価・耕作権の評価・占用権の評価なども示されているのです。
それから、土地関係以外として借家権割合・森林の立木の標準価額表・電話加入権の評価・農業投資価格の金額表が、参考として家屋の固定資産税評価額に乗ずる倍率・伐採制限等を受けている山林の評価も示されています。

ただ、インターネット環境がなかったり、パソコン操作が不得意だったりするケースもあるでしょうから、そのような場合は相続税路線価図が税務署に置いてあります。
その為、東京都各所の税務署で閲覧することが可能なのですが、その税務署が管轄区域内の路線価なので、調べたい土地がどの税務署の管轄なのかを調べる必要があります。

カテゴリー: 財産評価基準書